• 美容皮膚科でのシミ治療

    シミは、メラニン色素が正しく排出されずに肌に残ることでできます。美容皮膚科でのシミ治療は、保険適用外のため、費用は高くても効果が高いため、最終手段的な位置づけになりやすいです。

    目的別の池袋のシミ治療の人気が上昇しています。

    美容皮膚科でのシミ治療では、特殊なレーザーやフラッシュを照射する機器を使ったり、シミ消し効果のある成分を内服したり塗ったりして治療を行っていきます。シミは、初期段階であれば、肌表面にできていますが、ひどくなるにつれだんだんと肌の奥の方へと移動していき、化粧品やシミ取りクリームでは改善できないほど深部に発生するようになります。

    深部に発生すると美容皮膚科でレーザー治療などを受けないかぎり、除去することが難しくなります。

    ただし、シミの種類によっては、悪化するものがあるため、シミの種類にあわせて治療を行います。
    レーザーを照射することで、シミの組織を破壊します。



    数日後には、照射した部分がかさぶたとなり剥がれ落ち、治療が終わります。


    レーザー治療で悪化するタイプのシミの場合は、内服や外用剤などの治療を行います。

    livedoorニュースのお得情報を用意いたしました。

    レーザー治療で悪化するタイプのシミの代表的なものには、肝斑や炎症後色素沈着症などがあります。

    美容皮膚科でのシミ治療でも内科や外科などの病院と同じように基本的に治療の流れは共通です。
    まずは、担当医によるカウンセリングを受け、どういう治療が適切かを判断し、治療計画を立てます。


    シミ治療は、保険適用外となるため自費での治療になりますが、カウンセリングそのものは無料で行っているところが多いです。